院長ブログ

新型コロナウィルス(COVID-19)について

2020年2月24日

巷を騒がせております新型コロナウィルス COVID-19 ですが、何軒かお問い合わせをいただいていますので少々ご説明させていただきます。というのも犬の6種混合以上のワクチンのなかに犬コロナウィルスと記載があり、またネコの伝染性腹膜炎(FIP)の原因ウィルスがコロナウィルスということもあって不安を感じられたオーナー様もおられるのではないかと思います。結論から申し上げますと新型コロナウィルスとこれら犬・猫のコロナウィルスは型が違うので新型コロナウィルスは現在のところ人から犬猫への感染はなく、また猫・犬のコロナウィルスが人へ感染することはありません。

コロナウィルスにはアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4タイプがあります。今回の人の新型コロナウィルスCOVID-19はベータに属します。SARSやMERSもベータ型です。一方犬・猫のコロナウィルスはアルファ型に属します。したがって同じコロナではあるけれどタイプは別物ということです。ひとまず安心していただいてよいと思います。

COVID-19については、やはり感染防御をしっかりしておくことがよいと思います。うがい、手洗い、はもちろん気休めかもしれませんがマスクの着用を心がけてください。新型コロナウィルスを含めたコロナウィルスはウィルス表面にエンベロープという膜を持っています。この膜をを破壊すると簡単にやっつけることができます。方法はアルコールによる消毒や煮沸消毒(60度のお湯で約30分または100度で1分間)で退治可能です。また紫外線にも弱いです。ただし冷たいのには強いです。マイナス70度で数年生き延びたデータがあるそうです。

いたずらに怖がらなくてもと思いますが、予防線はしっかり張っておいたほうがよさそうですね。